So-net無料ブログ作成

「夢幻花」東野圭吾 [東野圭吾]

久々にミステリーらしいミステリーを読みました。
最近は犯人はわかっていて、なぜ、殺人にいたったのかを描かれている物を
読む機会が多かったので、こいつが怪しいのか!?とか思いながら読むのもなかなか新鮮でした。

登場人物も魅力的なので、他の作品にも出てこないかな~
これを読むとアサガオが気になってしかたありません。
おすすめですが、一気読みしてしまうので、要注意です!


夢幻花 (PHP文芸文庫)

夢幻花 (PHP文芸文庫)

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2016/04/07
  • メディア: ペーパーバック



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

「ガソリン生活」伊坂幸太郎 [伊坂幸太郎]

主人公である望月家の愛車、緑デミオが語り手で
デミオが聞いたり見たりした話だけで物語は進んでいきます。
車仲間の噂話、車社会でのジンクス、細かいところがホント面白かった。
登場人物のキャラもいいので、これは安心して読めます。
わたしは車を持っていないどころか、免許も持っていないのですが、
もし、車を買うことがあったら、ぜひ、デミオを買って、
ず~っと大切に乗りたいな~

フランク・ザッパってちょっと聞いてみたくなりました。



ガソリン生活 (朝日文庫)

ガソリン生活 (朝日文庫)

  • 作者: 伊坂幸太郎
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2016/03/07
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

「嵐になるまで待って」演劇集団キャラメルボックス [芝居]

この作品は私がキャラメルボックスを見るきっかけになった作品なのです。

もう、5回目の再演で、広瀬教授以外は色んな役者さんが色んな役を演じている訳です。
なので、どうしても過去の人と比べてしまうのですが、自分の好みはとりあえず置いておいて、
この作品はやっぱり波多野と雪江なのです。
今回の波多野は過去の波多野の中で純粋で、
子供の頃からの雪江との人生が想像できる、想像してしまって、
同情してしまう、そんな波多野でした。

雪江は、雪江は、ごめんなさい。、
雪江はどうしても、わたしの中で14年前の忍足さんの慟哭が忘れられないのです。

この作品を生で見たことがない津々浦々の方に1度体験してもらいたい作品です。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

「オール・ユー・ニード・イズ・ラブ 東京バンドワゴン 」小路幸也 [小路幸也]

東京バンドワゴンシリーズの第9弾!
もう文庫で9弾なんですね。

サザエさんと違ってみんな年を取っていくので、
ちょっとハラハラしてしまいます。
勘一じーちゃん、長生きしてください!

登場人物が多くなってきて、
ちょっと混乱するけど、相変わらず、楽しめます。


オール・ユー・ニード・イズ・ラブ 東京バンドワゴン (集英社文庫)

オール・ユー・ニード・イズ・ラブ 東京バンドワゴン (集英社文庫)

  • 作者: 小路 幸也
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2016/04/20
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

「死神の浮力」伊坂幸太郎 [伊坂幸太郎]

文庫化を待っていた死神シリーズ第2弾です。
伊坂幸太郎の作品の中で、死神千葉は一二を争う好きなキャラなので、
また会えてうれしいという感じです。
千葉の発言は、和ませたりイラっとさせたり。

今回は千葉の他に香川という死神も出てくるのですが、
それぞれの死神は担当者を可にするのか、見送りにするのか。
そのへんも楽しんで読めました。


死神の浮力 (文春文庫)

死神の浮力 (文春文庫)

  • 作者: 伊坂 幸太郎
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2016/07/08
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

ぴあ+ネビュラプロジェクトプロデュース「ナミヤ雑貨店の奇蹟」 [芝居]

現在Zeppブルーシアター六本木で上演中の
ナミヤ雑貨店の奇蹟を見てきました。
これはキャラメルボックスで以前に上演して、
今回はプロデュース公演でキャラメルボックスの
役者さんも出ています。
が、今回はキャラメルボックス以外の役者さんのインパクトがすごかった!
まず、菊地美香。
私は初めてみたのですが、
最初は声に惹きつけられて、その後はもう釘づけ。
次に、鯨井康介に鮎川太陽。
とにかく、この3人はまた見たいとすごく思わせる魅力がありました。
時間があればもう1度見たい。

Zeppブルーシアター六本木、初めて行ったのですが、
ちらしを持っていくのを忘れて、そして、私はまだガラケー。
まんまと道に迷って、泣きそうになりながら、
さまよい、いろんな人の親切にあいながら、
麻布十番駅から30分以上、かかって、なんとか間に合いました!
しかし、席が真ん中。
みなさん、ご迷惑おかけして、すみませんでした。


ナミヤ雑貨店の奇蹟 (角川文庫)

ナミヤ雑貨店の奇蹟 (角川文庫)

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2014/11/22
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

「フィッシュストーリー」伊坂幸太郎 [伊坂幸太郎]

伊坂幸太郎が読みたくなって、
これを選んでみました。

4つの短編が収録されていますが、
フィッシュストーリーとポテチは、
映画&舞台化されていますね。

伊坂幸太郎は登場人物が色んな作品でリンクしてますが、
この中にも、たくさん、聞いた名前やキーワードが出てきます。
全体的な感想は普通に面白かった。
手に汗握るってストーリーではないので、
おやすみ前に、落ち着いてよめます。
黒澤、かっこいいな。また他の作品で会いたい。

伊坂幸太郎はまだまだ読んでいない作品があるので、
楽しみです。
次はラッシュライフにしようかな。


フィッシュストーリー (新潮文庫)

フィッシュストーリー (新潮文庫)

  • 作者: 伊坂 幸太郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2009/11/28
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

チルドレン続編!? 伊坂幸太郎 [伊坂幸太郎]

今、アマゾンで新作の検索をしていたら、
こんな物が!!
陣内のフアンなので、うれし過ぎる~
早く読みたい!


サブマリン

サブマリン

  • 作者: 伊坂 幸太郎
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/03/30
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

「舟を編む」三浦しをん [三浦しをん]

辞書はわからない言葉や漢字を調べるときに使うだけで、
深く考えたことがなかったので、目から鱗だった。
特に、紙質にこだわるところは、興味深かった。

やっぱり、三浦しをんの何かひとつのことを突き詰める小説は
面白い!


舟を編む (光文社文庫)

舟を編む (光文社文庫)

  • 作者: 三浦 しをん
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2015/03/12
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

「BREARH」演劇集団キャラメルボックス [芝居]

9月にTOEICを受けるのに勉強をしていて、
受験し、結果が出て、がっかりして、
また勉強しなければという日々を過ごしていて、
ブログがお留守になっていました。
が、勉強がちっともはかどらないので、
いつもの生活に戻して、その間に勉強しようかと。。。

で、現在サンシャイン劇場で上演中の「BREATH」を観てきました。
登場人物たちのからみ具合が吉田秋生の海街diaryを思い起こさせました。
キャラメルボックス30周年最後のお芝居は、
今までキャラメルを観てきた人に小さなプレゼントが
たくさん散りばめられています。
ひとつ残らず、拾えました!
1つの作品の中にたくさんのストーリーが詰め込まれていますが、
私はやっぱり坂口さんが好きなんだな。
坂口さんと伊藤さんに泣かされました。

TUBEの曲もよかった!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇
メッセージを送る