So-net無料ブログ作成

ぴあ+ネビュラプロジェクトプロデュース「ナミヤ雑貨店の奇蹟」 [芝居]

現在Zeppブルーシアター六本木で上演中の
ナミヤ雑貨店の奇蹟を見てきました。
これはキャラメルボックスで以前に上演して、
今回はプロデュース公演でキャラメルボックスの
役者さんも出ています。
が、今回はキャラメルボックス以外の役者さんのインパクトがすごかった!
まず、菊地美香。
私は初めてみたのですが、
最初は声に惹きつけられて、その後はもう釘づけ。
次に、鯨井康介に鮎川太陽。
とにかく、この3人はまた見たいとすごく思わせる魅力がありました。
時間があればもう1度見たい。

Zeppブルーシアター六本木、初めて行ったのですが、
ちらしを持っていくのを忘れて、そして、私はまだガラケー。
まんまと道に迷って、泣きそうになりながら、
さまよい、いろんな人の親切にあいながら、
麻布十番駅から30分以上、かかって、なんとか間に合いました!
しかし、席が真ん中。
みなさん、ご迷惑おかけして、すみませんでした。


ナミヤ雑貨店の奇蹟 (角川文庫)

ナミヤ雑貨店の奇蹟 (角川文庫)

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2014/11/22
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

「フィッシュストーリー」伊坂幸太郎 [伊坂幸太郎]

伊坂幸太郎が読みたくなって、
これを選んでみました。

4つの短編が収録されていますが、
フィッシュストーリーとポテチは、
映画&舞台化されていますね。

伊坂幸太郎は登場人物が色んな作品でリンクしてますが、
この中にも、たくさん、聞いた名前やキーワードが出てきます。
全体的な感想は普通に面白かった。
手に汗握るってストーリーではないので、
おやすみ前に、落ち着いてよめます。
黒澤、かっこいいな。また他の作品で会いたい。

伊坂幸太郎はまだまだ読んでいない作品があるので、
楽しみです。
次はラッシュライフにしようかな。


フィッシュストーリー (新潮文庫)

フィッシュストーリー (新潮文庫)

  • 作者: 伊坂 幸太郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2009/11/28
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

チルドレン続編!? 伊坂幸太郎 [伊坂幸太郎]

今、アマゾンで新作の検索をしていたら、
こんな物が!!
陣内のフアンなので、うれし過ぎる~
早く読みたい!


サブマリン

サブマリン

  • 作者: 伊坂 幸太郎
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/03/30
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

「舟を編む」三浦しをん [三浦しをん]

辞書はわからない言葉や漢字を調べるときに使うだけで、
深く考えたことがなかったので、目から鱗だった。
特に、紙質にこだわるところは、興味深かった。

やっぱり、三浦しをんの何かひとつのことを突き詰める小説は
面白い!


舟を編む (光文社文庫)

舟を編む (光文社文庫)

  • 作者: 三浦 しをん
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2015/03/12
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

「BREARH」演劇集団キャラメルボックス [芝居]

9月にTOEICを受けるのに勉強をしていて、
受験し、結果が出て、がっかりして、
また勉強しなければという日々を過ごしていて、
ブログがお留守になっていました。
が、勉強がちっともはかどらないので、
いつもの生活に戻して、その間に勉強しようかと。。。

で、現在サンシャイン劇場で上演中の「BREATH」を観てきました。
登場人物たちのからみ具合が吉田秋生の海街diaryを思い起こさせました。
キャラメルボックス30周年最後のお芝居は、
今までキャラメルを観てきた人に小さなプレゼントが
たくさん散りばめられています。
ひとつ残らず、拾えました!
1つの作品の中にたくさんのストーリーが詰め込まれていますが、
私はやっぱり坂口さんが好きなんだな。
坂口さんと伊藤さんに泣かされました。

TUBEの曲もよかった!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

「フロム・ミー・トゥ・ユー 東京バンドワゴン」小路幸也 [小路幸也]

東京バンドワゴン、8作目。番外編です。
4の倍数が番外編なんですね。

語り手がすべて違う短編集です。
新作(って言っても文庫になってから、読むのですが。。。)を
読むたびに、また最初から読み返したくなってしまうのです。

ドラマを見て、この作品を好きになってくれた人がたくさんいるみたいで、
うれしいです。
たくさんの人に読んでもらいたいです。

次の文庫が楽しみ♪



フロム・ミー・トゥ・ユー 東京バンドワゴン (集英社文庫)

フロム・ミー・トゥ・ユー 東京バンドワゴン (集英社文庫)

  • 作者: 小路 幸也
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2015/04/17
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

「ジュラシックワールド」 [その他]

ジュラシックパークの4作目、ジュラシックワールドを観に行ってきました。
話題に違わず、過去のフアンを裏切ることなく、楽しめました。
水中の恐竜、モササウルス!インパクトがすごかった。。。

立川のシネマシティーの極上爆音というのを体験したのですが、これがいい!
躍動感にあふれてて、重低音が体に響いて、たいへん楽しみました。
またチャンスがあればこれで観たい!

2018年に続編があるとか!
楽しみにしてます。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「虚像の道化師」東野圭吾 [東野圭吾]

ガリレオシリーズ7作目。
まぁ、面白かったって感じでしょうか。
テレビを見てこのシリーズが好きになった人にはいいかもしれないけど、
ずっと、読んでる人にはどうでしょう。
私がちょっと飽きてきたのかな?
でも、このシリーズ、出れば読みます。


虚像の道化師 (文春文庫)

虚像の道化師 (文春文庫)

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2015/03/10
  • メディア: 文庫



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

「時をかける少女」演劇集団キャラメルボックス [芝居]

現在、池袋サンシャイン劇場で上演中の
キャラメルボックスの時をかける少女を観に行ってきました。
これは、32年前に公開された原田知世主演の映画の原作である
筒井康隆の作品のその後という設定。
2006年にアニメ化もされていますが、それと同じく、
主人公は原田知世が演じた芳山和子の姪。
話はぜんぜん違いますが。
映画を観たことがなかった私は、予習をした方がいいという、
キャラメルのアドバイスに従い、実写&アニメを見てから挑みました。

最初から、やられたのはオープニングの音楽。
お若い人はご存知ないかと思いますが、
おぉ!この曲持ってきたか!という感じ。
加藤さん、やるな!

メインストーリーよりサブストーリーである
坂口理恵演じる芳山和子と近江谷太郎演じる神石が
せつなくて、泣かされた。
というか、私がそちらの方が年が近いから?
というか、私は坂口理恵だから?
近江谷さんもかっこよかったな。ちょっと抑えた演技が。

オチそ知った上でもう1度見に行きたいな。
行けるかな。。。





時をかける少女 〈新装版〉 (角川文庫)

時をかける少女 〈新装版〉 (角川文庫)

  • 作者: 筒井 康隆
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/05/25
  • メディア: 文庫



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

「幕が上がる」平田オリザ [本:その他作家]

高校演劇が題材の青春小説。
私は部活に一生懸命じゃなかったので、
こういう話が好きです。

主人公が演出というところも面白いですね。
映画化もされているらしいので、
テレビで放映されたら見たいです。


幕が上がる (講談社文庫)

幕が上がる (講談社文庫)

  • 作者: 平田 オリザ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2014/12/12
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。