So-net無料ブログ作成
検索選択
東野圭吾 ブログトップ
前の10件 | -

「祈りの幕が下りる時」東野圭吾 [東野圭吾]

加賀恭一郎シリーズ、10作目。
これで完結なのか!?というところがよくわからないのですが、
一区切りついたのは確かなようです。

前より、東野圭吾を読む量が減りましたが、
やっぱり読むと面白いですね。
2冊続けて面白かったので、
次に読む本を迷ってしまいます。


祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)

祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

「夢幻花」東野圭吾 [東野圭吾]

久々にミステリーらしいミステリーを読みました。
最近は犯人はわかっていて、なぜ、殺人にいたったのかを描かれている物を
読む機会が多かったので、こいつが怪しいのか!?とか思いながら読むのもなかなか新鮮でした。

登場人物も魅力的なので、他の作品にも出てこないかな~
これを読むとアサガオが気になってしかたありません。
おすすめですが、一気読みしてしまうので、要注意です!


夢幻花 (PHP文芸文庫)

夢幻花 (PHP文芸文庫)




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

「虚像の道化師」東野圭吾 [東野圭吾]

ガリレオシリーズ7作目。
まぁ、面白かったって感じでしょうか。
テレビを見てこのシリーズが好きになった人にはいいかもしれないけど、
ずっと、読んでる人にはどうでしょう。
私がちょっと飽きてきたのかな?
でも、このシリーズ、出れば読みます。


虚像の道化師 (文春文庫)

虚像の道化師 (文春文庫)




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

「使命と魂のリミット」東野圭吾 [東野圭吾]

読後感がいいミステリー

あらすじを読んで医療ミスを暴く!みたいな、
医療ミステリーなのかと思ったらそうではなかった。
天空の蜂に近いような感じ。

読み終えた後にタイトルの意味がわかる。
後半はどんどんスピードアップしてくる。

ドラマ化されてたんですね。
知らなかった。



使命と魂のリミット (角川文庫)

使命と魂のリミット (角川文庫)




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

「ナミヤ雑貨店の奇蹟」東野圭吾 [東野圭吾]

待ちに待ったナミヤ雑貨店の奇蹟の文庫化です。
キャラメルボックスのお芝居で観たので、
だいたいのストーリーは知っていたけれど、
十分楽しめました。

すべてが、あるところへ導かれていって、
そして、最後の手紙に繋がっていく。

ホントに東野圭吾ってすごいとまたつくづく、思いました。
もう1度、キャラメルボックスのお芝居も観たくなります。


ナミヤ雑貨店の奇蹟 (角川文庫)

ナミヤ雑貨店の奇蹟 (角川文庫)




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

「マスカレード・ホテル」「マスカレード・イブ」東野圭吾 [東野圭吾]

全体としては2冊ともまぁ面白いのですが、
なんて言ってもマスカレードホテルに登場する
能勢刑事がいい!
能勢刑事、もっと読みたいな。



マスカレード・ホテル (集英社文庫)

マスカレード・ホテル (集英社文庫)




マスカレード・イブ (集英社文庫)

マスカレード・イブ (集英社文庫)

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2014/08/21
  • メディア: 文庫



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

「麒麟の翼」 [東野圭吾]

加賀恭一郎シリーズ9作目です。
新参者で登場した日本橋が舞台なので、
懐かしい感じがします。

加賀恭一郎はやっぱり魅力的で、
次は何をするのか?とどんどん読み進んでしまいます。
従弟の松宮とのやりとりも面白く、
やっぱりこのシリーズ、わたしは好きです。

ドラマを見てからはもう、想像図が阿部寛と溝端淳平になってしまってますが。
さて、録画しておいた、麒麟の翼、見ようかな。


麒麟の翼 (講談社文庫)

麒麟の翼 (講談社文庫)




nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:

「新参者」東野圭吾 [東野圭吾]

寝不足になるので、就寝前の読書をやめたら、
すっかり読書ペースが遅くなってしまいました。
しかし、睡眠不足は解消されました。
本も読みたいし、睡眠不足はつらいし、どうすればいいんだ~

で、最近外出が多くその往復で読み終えました。

ドラマを見たのですが、所々忘れてました。
これを読むと人形町へ行きたくなりますね。
9話からなる1つのストーリーですが、
その1話1話のエピソードが温かくて、
やっぱり東野圭吾は面白いですね。

なんとか、読書タイムを確保しなければ。


新参者 (講談社文庫)

新参者 (講談社文庫)




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

「真夏の方程式」東野圭吾 [東野圭吾]

ガリレオシリーズ6冊目です。
湯川のイメージはすっかり福山になってますね。
わたしはぜんぜんドラマ見てませんが。

子供嫌いの湯川に偏屈と言わしめる、
子供とのやりとりが面白いです。
ちょうど夏休み
時期的にもぴったりでした。


真夏の方程式 (文春文庫)

真夏の方程式 (文春文庫)




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

「ガリレオの苦悩」東野圭吾 [東野圭吾]

ガリレオシリーズの短編集です。
面白かった。
特に最後の話はもうちょっと読みたいくらいでした。
が、やっぱり、内海の登場により、
草薙と湯川のからみが少なくなって、淋しい。


ガリレオの苦悩 (文春文庫)

ガリレオの苦悩 (文春文庫)




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - 東野圭吾 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。