So-net無料ブログ作成
検索選択
小路幸也 ブログトップ

「オール・ユー・ニード・イズ・ラブ 東京バンドワゴン 」小路幸也 [小路幸也]

東京バンドワゴンシリーズの第9弾!
もう文庫で9弾なんですね。

サザエさんと違ってみんな年を取っていくので、
ちょっとハラハラしてしまいます。
勘一じーちゃん、長生きしてください!

登場人物が多くなってきて、
ちょっと混乱するけど、相変わらず、楽しめます。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

「フロム・ミー・トゥ・ユー 東京バンドワゴン」小路幸也 [小路幸也]

東京バンドワゴン、8作目。番外編です。
4の倍数が番外編なんですね。

語り手がすべて違う短編集です。
新作(って言っても文庫になってから、読むのですが。。。)を
読むたびに、また最初から読み返したくなってしまうのです。

ドラマを見て、この作品を好きになってくれた人がたくさんいるみたいで、
うれしいです。
たくさんの人に読んでもらいたいです。

次の文庫が楽しみ♪






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

「レディ・マドンナ」小路幸也 [小路幸也]

東京バンドワゴン、7作目です。
いつも春に新作と文庫が発売されるのに、
今回は秋のドラマに合わせてなのか、
フェイントで発売されいたことに気づかず、
本屋で見つけて慌てて買いました。

秋のドラマは、キャストがイマイチ~、でも見てみるかってな具合で見てみたら、
意外によくて、また本を最初から読み返してみたくなりました。

レディ・マドンナを読んだら、やっぱり最初から読んでみたくなって、
今、1から読み返してます。
これがまたやっぱり面白い。

ちょっと登場人物が多くて、サチが前に~がありましたね。とか言われても、
そうだっけ?って感じで、覚えてられないのですが、
今回堀田家と藤島ハウスの見取り図もあって、楽しめました。

去年、後半読書ペースが落ちてしまったので、
睡眠不足にならないような、読書タイムの獲得に努めたいです。





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

「オブ・ラ・ディ オブ・ラ・ダ 東京バンドワゴン」小路幸也 [小路幸也]

東京バンドワゴンシリーズ6作目です。
ちょっとしたナゾを解きつつ、出会い、再会、別れ。
色んな人とのつながりがあって、
騒がしく展開していく、堀田家の話は
1年に1度のお楽しみです。
登場人物が多過ぎて、
この人誰だっけ?って思うこともよくありますが。

読むたびに思うのですが、どうしてドラマ化されないのかな。
こんなに面白いのに。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

「オール・マイ・ラビング 東京バンドワゴン」小路幸也 [小路幸也]

東京バンドワゴンシリーズの5作目。
去年文庫化されたのが番外編だったので、本編は久々。
とにかく登場人物が多いので、この人って前にも出てきたけど、
どんなエピソードだったっけ?って思い出せない!
また1から読み直すか!?って気分になったりしつつも、
十分楽しめます。
そして、展開がクサいのですが、まんまと泣けてしまいます。
もうとにかくいい人しか出てこないので、安心して読めます。
ずっと続いてほしい作品です。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

「マイ・ブルー・ヘブン 東京バンドワゴン 」小路幸也 [小路幸也]

東京バンドワゴンシリーズの番外編。
いつもは語りをしているサチさんが若い頃のお話です。
いつもの堀田家の人たちが登場しないの~!と
期待しないで読み始めたのですが、
これまた濃いキャラの登場人物たちで楽しく読めました。
ちょっと知ってる人も出てくるし。

次の番外編は我南人&秋実さんバージョンが読みたいな~





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

「スタンド・バイ・ミー東京バンドワゴン」小路幸也 [小路幸也]

大好きなシリーズが毎年確実に1冊ずつ読めるのはうれしいことです。
春の東京バンドワゴン、冬のしゃばけシリーズ。

東京バンドワゴン3作品目。
堀田家の家族がどんどん増えていて、住宅事情の心配をしていた私としては、
今回とりあえず安心しました。





個人的にはこの先の藤島さんが気になるけど、
第4弾は番外編!ってことは第5弾の文庫化は再来年!?
待てない~!!

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

「シー・ラブズ・ユー―東京バンドワゴン」 小路 幸也 [小路幸也]

東京バンドワゴンシリーズの2作目。
1作目に引き続き、一般的には複雑な家庭環境であるはずの堀田家。
今どき珍しい大家族。
キャラの濃い家族がわいわい生活している、
読んでると人に優しくなれるような気がしてくる。

個人的には、家族みんなの朝ごはんのシーンが大好き。
会話がなりたってないようで、なりたってる、
口々にみんなが好きなこと言ってるのがリアルでいい!

ホームドラマにぴったりだと思うのだけれど、
ドラマ化の話はないのかな?
私のイメージでは我南人は鮎川誠なんだけどな。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

「東京バンドワゴン 」小路 幸也 [小路幸也]

昭和の香りがする四世代の住む古本屋&カフェ東京バンドワゴン
ほのぼのホームドラマと思いきや、愛人の子がいたり、
父を明かされていない子がいたり。
ただの仲良し家族ではなく、それでいながら、愛があふれている。

そんな東京バンドワゴンでの春、夏、秋、冬のちょっとしたミステリー


東京バンドワゴン (集英社文庫 し 46-1)

東京バンドワゴン (集英社文庫 し 46-1)




また続きが楽しみの本に出会えました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
小路幸也 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。