So-net無料ブログ作成
検索選択

ニセコビレッジ(その2) [旅行]

お食事は1日目の晩は空港でシュークリームを買ったり、
パンロールを買ったりした物があったので、
ちょっと食べたいくらいでホテルレストランはもったいないので、
初のルームサービスにしました。
ラザニアとカルパッチョ。
ラザニアにまたポテトフライがついてたのでボリューム的にはよかったし、
カルパッチョもいいつまみになりました。
意外とどちらもおいしくて満足。

2日目はネットで調べておいて予約しておいた居酒屋唐火七へ。
送迎をしてくれます。
薪のストーブがあって、リラックスできるお店で、
お酒は焼酎と梅酒がたくさんあって、お料理もどれも美味しい
ネットで評判のよかったささみのチーズ焼きとポテトフライを頼んで、
後はほっけ、鶏の煮物、おつけもの。
ポテトフライは今までに食べたことがないポテトフライ。
どうやって作るのかわかりません。
おいもは甘くて美味しいし、周りは香ばしくて。
どれもホントに美味しくて、近くにあればしょっちゅう行きたいお店です。
お店の人もとても感じよく、常連さんも盛り上がっていたので、
地元でも愛されているお店だと感じました。
お店の人もたいへん感じよくて、絶対お勧めです!
またニセコを訪れることがあったら絶対に行きます!

おわり

nice!(0)  コメント(0) 

ニセコビレッジ(その1) [旅行]

5年ぶりにスキーへ行ってきました。
北海道のニセコビレッジです。5年前は東山でした。
ホテルはプリンスからヒルトンになりました。
ネットで色々変わっていたのは知っていたので、
ショックを受けることもなく、困ることもなく、変化を楽しめました。

ロビーは以前よりちょっと暗めで高級感がある感じ。
板やバッグを送っておいたのですが、部屋まで運んでくれました。
外国人(アジア系ではない)が以前よりかなり増えて、6割くらいかな?
以前あったコンビニがなくなり、スキー用品のお店とアロマっぽいお店あるくらい。
ちょっとしたお菓子やお酒はホテルからゲレンデ側に出て、
チケットやレンタルをしているお店で買えます。
朝ごはんはプリンスの時も色々あって美味しかったけど、
もっと種類が豊富になって、オムレツも好きな具を入れて目の前でシェフが焼いてくれたりして、
ワッフルやフレンチトーストなんかもあって、食べすぎちゃいます。

ゲレンデにもヒルトン系のお店があって、外国人だらけでしたが、
食券を買うのに戸惑ってる人がたくさんいました。
あれは、少し工夫する余地があるのでは?
トルティーヤを頼みましたが、ポテトフライが付いていて、
やっぱり外国人向け?
ゲレンデの食事は普通にちょっと高めですが、ポテトでボリュームがアップしているので、
私には十分でした。

そういえば、新千歳空港がリニューアル中で驚きました!
いつも買うお弁当屋さんもなくなったのか、
どこにあるのかわからなかったり、
とにかくどこに何があるのかわからなくて困りました。
6月にリニューアルオープンだそうです。

もうちょっと書いておきたいことがあるので、
続きはまた。



nice!(0)  コメント(0) 

久米島(その3) [旅行]

最終日。
久米島を11時に出発。
飛行機は行きと同じタイプの39人乗りで満席。
席はパイロットと背中合わせのCAさんと並んで後ろ向き!
なんか変な感じでした。
飛行機と言うより、雰囲気はバス!?

那覇の乗り継ぎ時間を4時間くらい取って、
モノレールに乗って奥武山公園駅へ。
そこから歩いてうるくそばへ。
ここは私たちの沖縄旅行必須。

IMGP0043e.JPG

ちょっとジューシーの味が濃くなったような・・・
HPに先着1,000名にソーキそばストラッププレゼントって書いてあったので、
プリントして持っていくの2年前に終わりました!?
前過ぎる~。さすが沖縄。大笑。

そして、前にケンミンショーで見たしりしり器を買うために、
うるくそばでスーパーの場所を聞いてみたら意外と近くにありそうだったので、
徒歩でサンエーってスーパーへ。
スーパー、面白い!
東京では見ないものがいっぱい売ってる!
沖縄そば類の麺やスープはもちろん、ジーマーミー豆腐、ゆし豆腐、島豆腐。
後、お肉が豚のももとレバーがセットになってる!よくみるとおつゆ用って書いてある!
なんのおつゆ?
他にもいっぱいおつゆ用って書いてある鶏肉とかもありました。

そこでとりあえず鶏のドラムから揚げと元祖オキコラーメン買って、
2階へ行ってしりしり器をゲット!

049.JPG

家に帰ってからさっそくにんじんしりしりを作ってみました。
オリジナルがよくわからないのですが、美味しくてにんじん1本ペロッと食べちゃいました。

次は久米島いつ行けるかな~

おわり
nice!(0)  コメント(0) 

久米島(その2) [旅行]

2日目ははての浜ツアーに行きました。
はての浜へは船で30分くらいですが、
周りの海はキレイだし、水をかぶったりして、ちょっとしたアトラクション気分なので、
あっと言う間にはての浜に着きます。

IMGP0056e.JPG
船からの眺め

IMGP0022e.JPG

IMGP0030e.JPG
砂浜と反対側の景色

日差しは強いけど、パラソルの下は気持ちがよくて、
このまま海を眺めてるだけでも幸せだと思ったけど、
海に入ると魚がたくさんいて、結局ほとんど海の中で、
ゴーグルをつけてもぐってました(^_^;

IMGP0065e.JPG

つづく
nice!(0)  コメント(0) 

久米島(その1) [旅行]

9月19日から2泊3日で久米島に行ってきました。
沖縄は5回目、うち久米島は2回目。
久米島、大好きです。
ガツガツしてなくて、ホントにリラックスできます。

2回目なので、飛行機の時間もちょっとのんびりにして羽田10時45分発。
那覇での1時間ほどの乗り継ぎ時間を利用して
ソーキそばとジューシーのお昼。
今回那覇久米島間を憧れのシーサー柄のRACに乗られてうれしかった^^
そして、15時過ぎに久米島着。

IMGP0149e.JPG

そこからバスで30分ほどでイーフビーチホテル。
宿泊は前回と同様、イーフビーチホテル。
周りには居酒屋もたくさんあるし、コンビニもあるので、
車に乗れない我が家も困りません。

IMGP0047e.JPG

042.JPG

4時頃着いたにも関わらず、そく着替えてビーチへ。
台風の影響で風がちょっと強くて波も高かったけど、
1時間ほど泳ぎました。
そして、シャワーをあびて、一休みしてから居酒屋亀吉へ。
朝、ゆっくり出てきた割に満喫の初日でした。

つづく
nice!(0)  コメント(0) 

美瑛 [旅行]

7月中旬美瑛に行ってきました。
北海道は車がないと…って思っている人でも大丈夫!
たしかに車がある方が便利でたくさん周れるかもしれないけど、
私は車でたくさん周ると印象が薄くなってしまうような気がします。
特に美瑛はぜひレンタル自転車がお勧め!
できれば割高だけど電動がいいです。

IMGP0717.JPG
クリスマスツリーの木

IMGP0855.JPG
あるうのぱいんで昼食

IMGP0835.JPG
青い池

IMGP0736.JPG
四季彩の丘


タグ:旅行 美瑛
nice!(2)  コメント(0) 

戦慄迷宮4.0 [旅行]

13年ぶりに富士急ハイランドへ行ってきた。
13年前というと今目玉の絶叫マシンは何一つなかったので、
どれも未体験だった。
富士急ハイランドホテルへ1泊。

1日目はあいにくの雪で目当ての絶叫マシンはことごとく休止。
スケートをやるにもちょっと寒く、
じゃあ戦慄迷宮でも行くかってことになり、戦慄迷宮へ。
こう書くとあまりに気楽に決めたように見えるけど、
かなり怖そうだと思ってはいたので、なかなか決断はできなかった。

で、平日だったこともあり、そんなに並んでなく、けっこうすぐ中に入ることに。
私たちの前の女子高生10人くらいのグループはすでにパニック状態。
説明を受け、ちょっとした映画を見て、グループごとにペンライトを持って、
進んでいく(途中でペンライトは取り上げられるのだけれど)
私はダンナと2人だったので、前も怖い、後ろも怖いと、
ダンナを盾にぐいぐい押しながら進んでいく(後で責められた[あせあせ(飛び散る汗)])
お化けはただの人だとわかってるのに、どうしてあんなに怖いんだろう。
とにかく怖い・・・怖い。
しかし、500円でここまで盛り上がれるなら十分もとが取れたと思う。
戦慄迷宮を出た後、妙に早足になってて笑えた。

翌日、フジヤマ、ドドンパ、ええじゃないかの3つとも無事乗ることができた。
nice!(0)  コメント(0) 

信州・安曇野(その3) [旅行]

お蕎麦を食べた後は民宿ごほーでんへ。
金曜日に宿泊したからか客は少なく、
古民家風の造りになっているので、
なんとなく寂しかったけど、
雰囲気は落ち着く感じだった。
夕食はバイキングで家庭料理とお蕎麦だった。
おいしかった。

翌日は朝から大王わさび農場へ。
観光地らしく観光バスも停まっていた。
わさびはきれいな水でしか育たないというだけあって、
横に流れている川もすごくきれいで、
水車もあって趣きがあった。
わさび農場はとにかく広くて驚いた。

その後、りんご狩りへ。
45分間食べ放題で渡された箱に1段分のお土産と
りんごジュース1本で2,500円。
食べ放題と言ったって、そうそう食べられる物ではないけど、
色んな種類のりんごがなっているので、
お土産に持って帰るのを選別する意味もあって、
試食したいけど、2人で3つしか食べられなかった。
農園を歩きながら、係りの人がりんごの説明してくれるんだけど、覚えられない。
北斗、秋映え、早生ふじ、ぴっころ、紅玉、静・・・
りんごを食べたり、選別したりしていてあっと言う間の45分間。
余裕がなくて写真を撮れなかったのが後悔。

その後は2軒天然酵母パン屋、るんびにとあづみのの朝を梯子して、
ちひろ美術館へ行った。

安曇野を満喫した。

おわり


信州・安曇野(その2) [旅行]

赤そばの花畑の後は腹ごしらえ。
花畑から1時間以上かけて野麦峠にあるそばの里奈川へ。
ちょっと山道だったので、ちょっと気持ち悪くなりそうだったけど、
なんとか無事到着。
川のせせらぎが聞こえる、さわやかな空気の中に店があった。

とうじそばが有名らしい。
とうじそば?初めて聞いたメニューだった。
最初は「湯治」かと思ったら、「投じ」だった。
茹でて小分けにしてあるお蕎麦を
きのことキジ肉が入ってぐらぐら煮立っている鍋に、
食べるたびにザルに柄がついている物で温めて食する。

これが楽しくて美味しい!
ゆっくり食べてものびないし。

さっそく家に帰ってから真似をしてみた。
柄付きザルはないので、味噌こしで代用。
なかなかよかった。

つづく


信州・安曇野(その1) [旅行]

7月にテレビ東京の「出没アド街ック天国」の安曇野の回を見ていて、
ごほーでんという古民家風の安い民宿が出ていて、
その話を友人にしたら行こうという話になって、行ってきた。

旅行の数日前、ちょうど友人が新聞で赤そばの花が見頃という記事を見つけて、
まずはそこへ。
新聞記事では場所がわからなかったので、観光協会へ電話して問い合わせると、
山なので住所はないとのこと。
箕輪西小学校を目指してくればそこからは看板があると教えてくれた。
行く道端にもちらちら赤いそばの花が咲いていた。
小学校からすぐの所に駐車場があり、そこから少し歩く。
ちょっと山道を歩いていくと、急に視界が開けてそこに赤そばの花畑が広がっていた。

つづく


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。