So-net無料ブログ作成

「麒麟の翼」 [東野圭吾]

加賀恭一郎シリーズ9作目です。
新参者で登場した日本橋が舞台なので、
懐かしい感じがします。

加賀恭一郎はやっぱり魅力的で、
次は何をするのか?とどんどん読み進んでしまいます。
従弟の松宮とのやりとりも面白く、
やっぱりこのシリーズ、わたしは好きです。

ドラマを見てからはもう、想像図が阿部寛と溝端淳平になってしまってますが。
さて、録画しておいた、麒麟の翼、見ようかな。


麒麟の翼 (講談社文庫)

麒麟の翼 (講談社文庫)

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2014/02/14
  • メディア: 文庫



nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 1

神崎和幸

こんにちは。

自分も「麒麟の翼」読みましたよ。
いい作品ですよね。

ストーリーの随所に社会問題が組み込まれているので、
いろいろ考えさせられました。

加賀恭一郎のキャラは本当にいいですね。
by 神崎和幸 (2014-06-10 16:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。