So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

「スロウハイツの神様」演劇集団キャラメルボックス [芝居]

キャラメルボックスのスロウハイツの神様の初日に行ってきました。
すみません。辻村深月、知りませんでした。
なので、このストーリーをまったく知らないまま観劇しました。
文庫本で上下巻のストーリーを2時間にまとめているので、
登場人物たちのキャラがつかみきれない部分があったけど、
メインストーリーはぐいぐい引き込まれました。
主人公2人はもちろん、周りを固めるゲスト3人もすごくよかった。
このゲストの人たちはまたキャラメルの別の作品にもまた
ぜひ、出てほしいです。

サポーター歴19年。
最近ちょっと冷め気味だったのですが、
これはホントよかった。
来週もう1度見に行こうかなと考え中。
サイン入り文庫本上下巻もゲットしてきました~。



スロウハイツの神様(上) (講談社文庫)

スロウハイツの神様(上) (講談社文庫)

  • 作者: 辻村 深月
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/01/15
  • メディア: 文庫



スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)

スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)

  • 作者: 辻村 深月
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/01/15
  • メディア: 文庫



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

「鍵泥棒のメソッド」演劇集団キャラメルボックス  [芝居]

キャラメルボックスの鍵泥棒のメソッド、
サンシャイン初日に行ってきました。
初演も映画も観ているので、面白いのは知っているのですが、
やっぱり面白かった。
ヒロイン水嶋香苗役の実川貴美子がはまってて、
今まで見た中で一番好きかも。

そして、ゲストの石橋徹朗もかっこよかった。
キャラメルに出てくるゲストはホント、スパイスが効いていい。
明日の土曜の夜と木曜に新人抜擢ステージがあるのですが、
石橋徹朗がコンドウ、岡田達也が工藤をやるっていうし、
土曜の夜は終演後内田けんじ監督のアフタートークがあるっていうし、
と~っても気になっているのですが、スケジュールが合いません。。。
なんとかならないか!
ムムム。

そして、映画もまた見なおしたくなりました。


鍵泥棒のメソッド [DVD]

鍵泥棒のメソッド [DVD]

  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • メディア: DVD



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

みをつくし料理帖 [高田郁]

みをつくし料理帖がNHKでこの春ドラマ化されます!
主人公の澪は黒木華!あってる!
うれし~
以前民放で2回北川景子でやりましたが、
イメージが違うし、2回って、少なすぎるでしょう~って、
納得がいってなかったので、ホント、うれしい!
しかも脚本は私が好きな「ちりとてちん」と「咲くやこの花」(これはちょっとマイナー?)の藤本有紀。

他の配役も早く発表にならないかな~
野江ちゃん、源斉先生、小松原。
誰かな~
原田美枝子と大杉漣は前のドラマでもよかったからっまた出ないかな~
もう期待が膨らみます!
早く春が来ないかな~

みをつくし料理帖


八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)

八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)

  • 作者: 高田 郁
  • 出版社/メーカー: 角川春樹事務所
  • 発売日: 2009/05/18
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

「ゴールデンスランバー」演劇集団キャラメルボックス [芝居]

小説も読み、映画も観ていた作品を
まさかキャラメルボックスで見ることになるとは、
思いもよらなかった!
10年ぶりのキャラメル観劇の友達と行ってきました。
友達は10年たってもキャラメルが変わっていないことに
たいへん驚いていました。
サンシャイン劇場がキレイになっていたことも驚いてたけど。

舞台でこの作品、大丈夫か!?と心配していましたが、
まったく問題なく引き込まれました。
わたし的には主人公は多田直人の方が気が弱そうでいいかなっと思ったけど。

友達は本も映画も観ていなくてこの作品に初めて触れたので、
これで終わりなの?って言ってたけど、楽しめたみたいでした。
ので、古いキャラメルサポーターにも受け入れられたみたいです。

本、読み返して、映画ももう1回観ようかな。


ゴールデンスランバー (新潮文庫)

ゴールデンスランバー (新潮文庫)

  • 作者: 伊坂 幸太郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2010/11/26
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

「祈りの幕が下りる時」東野圭吾 [東野圭吾]

加賀恭一郎シリーズ、10作目。
これで完結なのか!?というところがよくわからないのですが、
一区切りついたのは確かなようです。

前より、東野圭吾を読む量が減りましたが、
やっぱり読むと面白いですね。
2冊続けて面白かったので、
次に読む本を迷ってしまいます。


祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)

祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/09/15
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

「夢幻花」東野圭吾 [東野圭吾]

久々にミステリーらしいミステリーを読みました。
最近は犯人はわかっていて、なぜ、殺人にいたったのかを描かれている物を
読む機会が多かったので、こいつが怪しいのか!?とか思いながら読むのもなかなか新鮮でした。

登場人物も魅力的なので、他の作品にも出てこないかな~
これを読むとアサガオが気になってしかたありません。
おすすめですが、一気読みしてしまうので、要注意です!


夢幻花 (PHP文芸文庫)

夢幻花 (PHP文芸文庫)

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2016/04/07
  • メディア: ペーパーバック



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

「ガソリン生活」伊坂幸太郎 [伊坂幸太郎]

主人公である望月家の愛車、緑デミオが語り手で
デミオが聞いたり見たりした話だけで物語は進んでいきます。
車仲間の噂話、車社会でのジンクス、細かいところがホント面白かった。
登場人物のキャラもいいので、これは安心して読めます。
わたしは車を持っていないどころか、免許も持っていないのですが、
もし、車を買うことがあったら、ぜひ、デミオを買って、
ず~っと大切に乗りたいな~

フランク・ザッパってちょっと聞いてみたくなりました。



ガソリン生活 (朝日文庫)

ガソリン生活 (朝日文庫)

  • 作者: 伊坂幸太郎
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2016/03/07
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

「嵐になるまで待って」演劇集団キャラメルボックス [芝居]

この作品は私がキャラメルボックスを見るきっかけになった作品なのです。

もう、5回目の再演で、広瀬教授以外は色んな役者さんが色んな役を演じている訳です。
なので、どうしても過去の人と比べてしまうのですが、自分の好みはとりあえず置いておいて、
この作品はやっぱり波多野と雪江なのです。
今回の波多野は過去の波多野の中で純粋で、
子供の頃からの雪江との人生が想像できる、想像してしまって、
同情してしまう、そんな波多野でした。

雪江は、雪江は、ごめんなさい。、
雪江はどうしても、わたしの中で14年前の忍足さんの慟哭が忘れられないのです。

この作品を生で見たことがない津々浦々の方に1度体験してもらいたい作品です。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

「オール・ユー・ニード・イズ・ラブ 東京バンドワゴン 」小路幸也 [小路幸也]

東京バンドワゴンシリーズの第9弾!
もう文庫で9弾なんですね。

サザエさんと違ってみんな年を取っていくので、
ちょっとハラハラしてしまいます。
勘一じーちゃん、長生きしてください!

登場人物が多くなってきて、
ちょっと混乱するけど、相変わらず、楽しめます。


オール・ユー・ニード・イズ・ラブ 東京バンドワゴン (集英社文庫)

オール・ユー・ニード・イズ・ラブ 東京バンドワゴン (集英社文庫)

  • 作者: 小路 幸也
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2016/04/20
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

「死神の浮力」伊坂幸太郎 [伊坂幸太郎]

文庫化を待っていた死神シリーズ第2弾です。
伊坂幸太郎の作品の中で、死神千葉は一二を争う好きなキャラなので、
また会えてうれしいという感じです。
千葉の発言は、和ませたりイラっとさせたり。

今回は千葉の他に香川という死神も出てくるのですが、
それぞれの死神は担当者を可にするのか、見送りにするのか。
そのへんも楽しんで読めました。


死神の浮力 (文春文庫)

死神の浮力 (文春文庫)

  • 作者: 伊坂 幸太郎
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2016/07/08
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。